常識と非常識|無知ほど恐ろしいものはない車の常識

同じディーラーでも販売店によって値引き額は違う?

同じメーカーの看板をしょったディーラーでもあっても、
中みは車屋さんで全く別の企業ですので、販売店によっても値引きの額が違います。

 

噂によりますと、売れている販売店の方が値引き額大きい。
つまりたくさん値引きしてくれるんですね。
これはなぜかと言いますと、各自動車メーカーは、販売実績に応じた成果報酬を
設けており、売れば売るほど、成果報酬が高いのです。

 

そして、その成果報酬を、車の価格に反映させることができるために、
売れている店舗ほど、ガッツリ値引きしてくれるというわけなんですね。

 

売れてない店舗だと・・・?

 

一方、売れていない店舗の場合、販売実績による成果報酬がもらえませんので、

その分を車の販売価格に充てられません。
ですので、あまり値引きしてくれるない。ということなんです。

 

しかし、各ディーラー同士の暗黙の了解のようなものがあって、
この車種は値引きしてもここまで。
というようなラインが実際にも引かれています。
価格競争の激化を抑えるために、ディーラー同士で境界線を作っている。
とでも言えばいいのでしょうか。

 

ですから、値引きにももちろん限度額があります。

 

ただし、これは絶対に守られべき境界線ではなく、単なる暗黙の了解ですので、
やはりそういった成果報酬をもらって売り上げもいい、いわば隠し種をもっている
ディーラーの方が、いざとなったら有利でしょうね。

関連ページ

事故車専門オークションとは?
あなたが知っている車の常識は非常識かもしれません
車の寿命を感じた時が買い替え時?
あなたが知っている車の常識は非常識かもしれません