常識と非常識|無知ほど恐ろしいものはない車の常識

車の寿命を感じた時が買い替え時?

車は消耗品ですので、ずっと同じ車に乗っておくことはできません。
10年、20年の間では乗り替える必要があります。
では、どうなった時が買い替え時なのでしょうか?

 

1つは売値が高くつく間に買い替えるということです。
車は消耗品ですし、人気車種が頻繁に変わるという市場でもあります。
つまり、いつも高値で売れるわけではありません。
基本的には5年、7年落ちの状態で買い替えると高値で売れる可能性が高いですね。
買取はこちらのサイトから
>>大阪 車買取
>>仙台 車買取

 

もう1つは、寿命を感じて買い替えるというケースです。
車の寿命というのは何年や何万キロというものは決まっていません。
目安としてはある程度ありますが、それが寿命というわけではないのです。
しかし、製造された車によって、エンジンの状態やその他の状態が微妙に異なっています。
つまり、車によって寿命が違うのです。
乗っていて走りに違和感を感じたり、ちょこちょことトラブルが増えてきた時が寿命だと考えれば良いでしょう。

 

車は走る凶器とも言われるように、危険な乗り物です。
乗っている途中でのトラブルが、大惨事を招く恐れもあります。
故障なども直していけば乗ることができますが、危険であることを考えると、ある程度のところで寿命と割り切って買い替えることが大切です。

関連ページ

事故車専門オークションとは?
あなたが知っている車の常識は非常識かもしれません
同じディーラーでも販売店によって値引き額は違う?
あなたが知っている車の常識は非常識かもしれません